濃淡

NOUTAN

雫境 / DAKEI

聾(ろう)の舞踏家。1996年~2001年日本ろう者劇団に在籍。1997年舞踏家・鶴山欣也(舞踏工房 若衆・主宰)の誘いを受け、舞踏を始める。国内のみならず欧米、南米を舞台に活動。2000年にユニット・グループ「雫」を旗揚げ、国内、イタリア、スペイン、ペルー、韓国、フランス、アメリカで公演、ワークショップを行っている。2013年、アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)監督の映画『わたしの名前は...』に出演。2016年、牧原依里と共同監督として映画「LISTEN リッスン」を製作。2018年、NAPPOS PRODECE「斜面」(作・演出/小野寺修二)カンパニーデラシネラ「ドン・キホーテ」(演出/小野寺修二)に出演。2019年舞踏をベースにした身体表現を模索するためにユニットグループ「濃淡(NOUTAN)」を結成。2000年東京藝術大学大学院博士課程修了。

濃淡 公演vol.01

「鳴り止みそうにない」

濃淡 公演 vol.01
言語なきコトバを探す、身体パフォーマンス

  「鳴り止みそうにない」


2019年11月9日土曜日
   開場  /  開演
① 13:00/13:30
② 17:30/18:00
於:濃淡の間
 東京都新宿区西落合2-3-3 地図はこちら

演出・振付:雫境
出 演 : 亞弥 鈴まみ 雫境
照 明 : WATAMI
制 作 : のぶゑ

前売券1,800円
当日券  2,300円
※前売券は2019年9月15日(日)午前10時より開始いたします。
※席数に限りがございます。
※当日券が残席がある場合のみとなります。


□  亞弥
独舞作品、音楽家との即興コラボレーションをはじめ、国内外で舞台への客演、映像メディアへの出演など幅広く活動を展開している。また、様々な音楽家、パフォーマー、身体表現者のプラットフォームとしてのワークショップをコーディネート、プロデュースしている。
HPはこちら

□ 鈴まみ 
1996年日本ろう者劇団入団。同年アトリエ公演「デフ・パラダイス」でデビュー。手話狂言、創作劇に多数出演。2003年から2005年、2016年から2018年制作も担当。外部出演では2000年みずノ卵公演vol3「コクトーの遺言」、2002年風の市プロデュース・シアターX提携公演「雨月」、2002年演劇企画室千里魚眼「アルトーの黙示録」、うごく作品vol,2,vol,11等。ここ数年は手話狂言活動がメインとなっている。

●お申込み
申込フォーム
(no-reply@mailform.mface.jp から受信できますよう、設定お願いいたします)
お申込み頂いた後は折り返しご連絡をいたします。

ご不明点があれば濃淡までご連絡ください。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

濃淡

濃いと淡い。
色だけではなく、形、雰囲気などでも
そう言う時がある。
また、濃さと淡さのあいだには
1ミリもなかったり、かけ離れていたり、
幾つものの階調があったりするなど、
モノトーンでも色々な表情を持つ。
日常と非日常、過去と現在と未来、
夢と現と幻などのあいだにある
絶え間ない連鎖を探して身体表現を目指す。
最小限の動きでも、
豊穣なるイメージ、物語性を
醸し出せる作品作りを模索していく。


舞踏・身体表現

ワークショップについて

・呼吸法 

色々な呼吸の再発見、身体の動きによる呼吸と、呼吸による身体に動きの違いを認識

・身体を空っぽにする
力みなく自分の身体を動かす方法、体操

・身体との会話 

からだを動かす、自分ではない他からの力によって動かされる、外と内の意識、身体の中心・重心の確認・操作

これらを基本にしたトレーニングを行います。
そこからイメージ、物語などから抽出、拡張して身体表現に結びつけたり、作品作りのワークショップを行っています。

お知らせ


11月身体表現ワークショップのご案内


ワークショップを以下開催しております。

やる気のある方なら経験問わずどなたでも歓迎いたします。(未経験者大歓迎)
1回のみの参加も可能です。是非とも奮って参加してみませんか。
(9,10月は都合によりお休みさせていただきます。)

講 師:雫境
日 程:2019年11月→15日(金)、22日(金)
時 間:19:00〜21:00
          18:30〜入場できます
 ※やむを得ず予定が変更することがあります
    ので当ページにてご確認ください。

場 所:「濃淡の間 Noutan Art Space」
         東京都新宿区西落合2−3−3

参加費:1,500円/1回 
            回数券11枚 15,000円/1年間有効
           ※予約不要です。
           ※当日精算です。

お問い合わせ先:濃淡

出演公演

『残忍な時の繊細さ』
① 2019年9月20日(金)20:00〜

   於:ギャローデット大学 劇場

② 2019年9月23日(月)18:10〜
   於:カリフォルニア大学バークレー校


"Delicateness in Times of Brutality"

@Gallaudet University Theatre
September 20, 2019
20:00~

@UC Berkeley
September 24, 2019
18:10~

dance
Wendy Jehlen
DAKEI

music
Morio Tanimura
Nobunagaken
Yoshiko Honda

Gallaudet's Theatre and Dance program is proud to host a free performance of DELICATENESS IN TIMES OF BRUTALITY, a touring 50-minute work by movement artists Wendy Jehlen (US) and DAKEI (Japan). Live music is improvised by Nobunaga Ken (percussion), MORIO (guitar) and Yoshiko Honda (voice). The result is an immersive environment that hovers between the eternal and the ephemeral.

DELICATENESS IN TIMES OF BRUTALITY was inspired by a performance protest of the same title (Delicadeza em Tempos da Brutalidade) that took place in São Paulo, Brazil in May 2015 in response to the bureaucratic coup that resulted in the dismantling of human rights and arts and cultural institutions in that country, part of a world wide shift to the extreme right. DELICATENESS IN TIMES OF BRUTALITY is the performers' response as artists. DELICATENESS IN TIMES OF BRUTALITY is a study in opposites: solitude and togetherness, silence and sound, the eternal and the ephemeral, delicateness in response to brutality.

DELICATENESS IN TIMES OF BRUTALITY has been supported by grants from the Performing Arts Japan program of the Japan Foundation, New England Foundation for the Arts, Association of Performing Arts Presenters and the Network of Ensemble Theaters.

This performance takes place at the Elstad Auditorium on Friday, September 20th, at 8 pm.

https://anikaya.org/projects-2/delicateness-in-times-of-brutality/

出演公演

2019年10月2日(水)


Stripe SCRAMble 02102019
アコースティック・サウンドと映像の、インプロヴァイズ・エクペリエンス『Stripe SCRAMBle』第7弾


*****************

『Stripe SCRAMble 』-02102019-
STRIPED HOUSE GALLERY 5-10-33-b1F ,Roppongi,Minato-ku,Tokyo
会場:六本木ストライプ ハウス ギャラリーB1F
2019年 10月 2日(水) 
open 19:00 /start 19:30 
料金:ご予約 ¥2,500 /当日 ¥3,000
アクセス http://striped-house.com/map1.html

ご予約・お問合せ/ストライプハウスギャラリー 
http://striped-house.com/
Tel/03-3405-8108(11:00~18:30)


Live act
今西紅雪 - 箏
平島 聡 - cajón + percussions
樋口 徹 - visual
       +
雫境 - 舞踏


出演者紹介

■ 平島聡:カホン/パーカッション奏者
'80年代後半から音楽/現代演劇の活動を開始、海外・国内を巡演、’’99年~'04年鈴木眞澄スペイン舞踊団に参加、フラメンコとカホンに出会い、演奏・伴奏を研鑽。以降、東京をはじめ、各地の舞台でフラメンコ・カホン奏者として活動。パーカッショニストとして、各種演奏会やライヴ、レコーディング、演劇、ダンス(コンテンポラリー、モダン・バレエ、舞踏など)、リーディングなど、多岐に渡る国内・海外での演奏活動を展開している。

■ 樋口徹(映像)
2000年よりクラブVJとして活動。上京後パフォーミングアートと出会い積極的にコラボレーションを行う。振付家 石山雄三とのマルチメディア・パフォーマンス・プロジェクトでは身体と音と映像との関係性を模索し、国内外で高い評価を得ている。


*****************

『Striped SCRAMble』-02102019- 

2019.10.2(wed.)
STRIPED HOUSE GALLERY、Roppongi
Open/Start: 19:00/19:30
Adv/Door: 2500/3000 yen

Access
http://striped-house.com/map1.html

Live act
kohsetsu Imanishi : -Koto
satoru Hirashima - cajón + percussions
toru Higuchi - visual
+
DAKEI - Butoh

トーク


育成×手話×芸術プロジェクト「アートを通して考える」

第4回 感覚の境界を超える 


12月13日(金)19:00-21:00  
会場:象の鼻テラス
参加料 500円

目が見えないインド人と耳が聞こえない日本人が登場するロードムービー『TOTA』の上映と、監督と出演者とのアフタートークを行います。
「TOTA」上映 
アフタートーク:八幡亜樹(『TOTA』監督)×雫境(出演者)

『TOTA』2012年/インド・日本/日本手話・日本語・ヒンディー語・日本語字幕・英語字幕/52分/無音(一部音あり)/ジャパンプレミア
インド人の盲目の蝋燭職人と、日本人の聾の舞踏家、国籍も言語も違う二人がインドで出会う。共通の言葉も視覚や聴覚情報もない極限の手段の中で、互いの存在を認識していく姿を追ったロードムービー。日本手話でもヒンディー語でもない、「二人だけの言語」と空間からコミュニケーションの根源を問う。国際交流基金の制作協力のもと、インドのラリット・カラ・アカデミー=国立芸術アカデミーにて上映された。

八幡亜樹(映像作家)
1985年生まれ。映像作家。 東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。大学院在学中に《ミチコ教会》(2008)が注目され金沢21世紀美術館や森美術館などで紹介される。映像インスタレーションをあらゆる「生きること」のための思考装置と捉え、取材をベースとした制作を行っている。


お問い合わせ